サプリメントというのは健康維持やダイエットなどに利用されています。昨今の健康ブームでいろいろな種類のサプリが販売されていますが、どんな種類があって、どんな効果があるのでしょうか。

サプリメントカプセル

ベースサプリメント

ベースサプリメントとは、健康維持のために基本となる栄養素のことです。バランスの良い食事をしていれば、足りなくなることはないのですが、外食や弁当などが多い人は栄養が不足しがちになるので、ベースサプリメントで補うというわけです。

ビタミン系のサプリメントの効果

ビタミンというのは栄養素の基本中の基本ですが、種類が豊富なだけに効果も様々です。

ビタミンAは免疫力を上げる働きがあります。抵抗力や回復力に効果を発揮します。ビタミンCは抗酸化作用があり、活性酸素などを除去してエイジングケアの効果が期待できます。さらにウイルスや細菌などを排除する働きもします。

ビタミンBは自律神経を整える効果があるといわれ、精神を整える効果が期待できます。

アミノ酸サプリの効果

身体を構成するアミノ酸は20種類あり、それぞれにいろいろな役割があるので、サプリメントもかなり細分化されています。

ダイエットにはBCAAと呼ばれる4つのアミノ酸が筋肉を増やし代謝をあげてダイエット効果が期待できるという事があります。美肌にはプロリンやアルギニンなどコラーゲンの原料となるアミノ酸が効くとされています。

そのほか、疲労回復や免疫力アップ、睡眠不足の解消やアンチエイジングなど多種多様な効果が期待できますが、配合されているアミノ酸をよくチェックしてサプリを購入したほうがいいでしょう。

DHAのサプリメントの効果

DHAはドコサヘキサエン酸のことです。青魚に豊富に含まれる成分で、生活習慣病の予防ができると期待されています。

よく言われているのが、中性脂肪やコレステロールを下げる働きで、動脈硬化の予防にいいと期待されています。子供の頃「頭が良くなる」と言われていたのもDHAのことで、そのことから認知症やアルツハイマーの改善に役立つという報告もあります。

乳酸菌サプリメントの効果

乳酸菌は善玉菌の餌になって善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制することで腸内環境を整える効果があります。腸内フローラが良い環境になると、免疫機能がアップして、風邪やインフルエンザの予防、花粉やアトピーなどのアレルギーの改善などの効果があります。

EPAサプリメントの効果

DHAと同じく注目されているEPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸です。

効果はDHAとかなり近いものがあり、中性脂肪やコレステロールを抑えて動脈硬化の予防につながったり、アレルギーの改善・軽減の効果もあるとされています。

サプリで元気

必要に応じて賢く利用しよう

サプリメントは他にもたくさんの種類がありますが、なんでも飲めばいいというものではありません。

あくまでも自分に足りない栄養素を補う、または改善したい身体の不安がある場合にのみ必要な分だけ飲むようにしたいものです。