紫外線

ここ最近はやっているサプリメントで日焼け止めができるというサプリメントがあるようです。

これは日本には最近は言ってきたものなんですが、海外では日焼け止めをクリームで塗る習慣というのはあまりなくて、サプリメントが一般的だったんですよね。

そんな日焼け止めができるサプリメントがどういったものか紹介します。

紫外線の恐怖

まずは紫外線が巻き起こす人体への影響、つまり日焼けについて考えてみます。

日焼けというのは簡単に言えば軽い「火傷」みたいなもので、皮膚に紫外線が当たることによってダメージを受けるということなんですね。

人間には自衛の機能があるので、メラノサイトでメラニン色素を生成し、皮膚に黒い日傘の役割をする細胞をおいて紫外線を防いでいます。

日に焼けると肌が黒くなるのは、この日傘の役割をする細胞がどんどん生成されているということなんです。

メラニン色素が入った細胞は日が経つとまた新しい肌色の細胞と入れ替わっていきます。それにより日焼けをしてもしばらくすると肌の色が戻るんですよね。

これをターンオーバーというのですが、ターンオーバーは年齢を重ねるごとにその機能が弱まってくるので、正常に働かなくなります。

そうするとメラニン色素の入った黒色の細胞が皮膚に沈着することになり、それがシミなどの原因になるのです。

これを防ぐにはそもそも紫外線に当たらないように、日傘や帽子、UVカットの洋服などを着用するのが有効というわけです。

それでも当たってしまう部位にはUVクリームを塗って、コーティングするというのがこれまで一般的なものでした。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めというのはサプリメントの錠剤になっていて、1日に決まった量を飲むことによって内側から日焼けしにくい肌をつくってくれるというものです。

具体的には紫外線の原因となる活性酸素をコントロールしてくれる成分や、炎症を抑える成分、老化を防止する成分などが配合されており、肌そのもののチカラを増幅させて紫外線から肌を守るということなんです。

もちろん、日焼け止めのサプリメントを飲むことだけで紫外線は完全に防げるわけではありませんので、帽子や日傘、UVカットクリームと併用することで最大限の効果を発揮します。

身体の機能を上げるというサプリメントなので、継続すればするほど効果を実感しやすいでしょう。

サプリメントで本当に大丈夫なのか不安かもしれませんが、まずは日差しが弱い季節にでも試して見てその効果を自分で確かめるしかないでしょうね。