乳酸菌

乳酸菌が健康にいいということは誰しもが知っていることですが、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで摂取する人が多いと思います。

しかし、もっと簡単に効率よく摂取するにはサプリメントという選択肢もあります。

乳酸菌がどのようなものなのかを改めて解説します。

乳酸菌とは

乳酸菌とは平たく言えば細菌の一種なのですが、とくに体内で糖分を分解して乳酸を作る細菌の総称です。

乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に含まれていて、整腸作用など健康に良い効果があるとして知られています。

乳酸菌の働き

乳酸菌は腸の中の善玉菌を活性化する役割をします。

腸内では身体に良い影響を及ぼす善玉菌と、悪い影響をおよぼす悪玉菌と大きく2種類に分けられます。

乳酸菌が生成する乳酸というものは酸性で、腸内で乳酸がつくられることにより腸全体が酸性になります。

悪玉菌は酸性の環境に適応しにくい性質があります。

乳酸菌を摂る主な方法

乳酸菌を摂る方法としては、乳酸菌が含まれる食べ物を食べるのが一般的です。

とくに発酵食品に多く含まれていて、ヨーグルト、チーズ、バター、キムチにみそ、醤油などが代表的なものです。

乳酸菌が入っている食品というのは、保存性も高くなり消化・吸収しやすいというのが特徴です。

乳酸菌の効能

乳酸菌には主に整腸作用と免疫力アップの効果が期待されています。

整腸作用

乳酸菌は善玉菌を活性化する役割があるので、腸内フローラの状態をよくすることができます。

悪玉菌が多くなると腸内には有毒な物質が作られやすくなり、便秘や下痢などを引き起こしてしまう原因になります。

免疫力アップ

免疫力というのは体内に入ってくるウイルスや細菌などから身を守る力のことですが、免疫力は善玉菌や乳酸菌によって高められると言われています。

腸内の環境が良ければ、有毒物質ができにくく体全体の機能が高まるので健康を維持できます。

乳酸菌をサプリで摂るメリット

乳酸菌をサプリメントで摂るメリットは、まず乳製品などが苦手な場合でも味が関係なく摂取できるということです。

乳酸菌は継続して摂り続けることが健康維持につながるとされているのでサプリメントでいつでも簡単に摂取できるのは便利です。

さらに乳酸菌を食べ物で摂ろうとすると、口から胃腸に到達するまでに胃酸などで乳酸菌の殆どは死んでしまいます。

乳酸菌は死滅しても善玉菌の餌になるのでいいのですが、本当は行きたまま乳酸菌を腸に届けるのが理想です。

そういった意味でもサプリメントであれば腸にダイレクトに生きた乳酸菌を届けることが可能なので合理的と言えます。