DHA

中高年になると気になるいろいろな生活習慣病についてサプリメントで改善しようと思われている人もいると思います。

そのなかでも最近注目されているのがDHAやEPAといった青魚などに多く含まれている成分です。

DHAやEPAについてまとめてみました。

DHAとは

DHAといえば頭が良くなるといったことを昔から言われることがありました。

これは青魚が苦手な子供に、魚を食べさせる口実のようにも思われることがありますが、実際にこれまでの研究でいろいろな効果があることがわかってきています。

DHAはドコサヘキサエン酸なのですが、人間の身体に必須の脂肪酸です。

人間の脳や目、心臓や母乳など大事な部分に多く含まれています。

しかし、実際には体内で生成されるものではなく、ほとんどが外部からの摂取に頼らないといけないというものです。

DHAはどうやって摂取する?

DHAはいろんな食材に含まれていますが、一番いいのは脂の乗った魚を食べるのが手っ取り早いです。

とくに魚の中でも青魚に豊富に含まれています。

具体的にはイワシやサバ、まぐろならトロのような脂の多い部分に多く含まれます。

さらには魚の目の裏のゼリー状の部分にも多く含まれています。

青魚以外でもうなぎや鮭、すじこなどにも多く含まれます。

食べ物なら缶詰も良い

DHAの摂取量で理想的なのは1日に1.5gと言われています。

焼いたサンマで1尾食べると丁度その量になります。

ただ、毎日さかなを食べるというのは、現代の飽食の時代になかなか難しいということもあります。

その場合、簡単にDHAを摂るなら缶詰を食べるということも良いと言われています。

サバの水煮やさんまの蒲焼き、いわしの煮付けなどの缶詰にはDHAが豊富に含まれているので安く簡単にDHAを摂取することができます。

DHAの効果

DHAには中高年にありがたい効能がいろいろと確認されています。

血液をサラサラにする

DHAにはコレステロール値の上昇を抑えたり、中性脂肪を減らすことが確認されており、血液の流れを良くして動脈硬化などの予防に期待されています。

脳の活性化

脳というのは加齢にともないどんどんと細胞が死滅していくので、脳の働きそのものが衰えていきます。

DHAは脳の働きを活性化する物質を増やす働きをすることが確認されており、アルツハイマーの予防や記憶障害の予防などに期待されています。

DHAをサプリメントで摂るメリット

DHAをサプリメントで摂るメリットは、何と言っても魚が苦手な人でもDHAが簡単に摂取できるという点です。

とくに子供などは最近では魚離れというのが深刻になってきているということもあるので、サプリなどで補うのは1つの良い方法です。

さらに中高年で健康に不安がある人にとってもDHAサプリメントは簡単に継続的に摂れるというのは大きなメリットになります。